転職

【元直販営業マンが解説】直販営業の仕事内容は?転職する前に知っておきたい仕事内容・転職難易度・向いている人について

直販会社に転職して自分の力を試してみたい。

今の仕事は代理店向けや卸店向けの営業なので、直販の仕事内容が分からない。

自分は直販営業の仕事に向いているのだろうか?

こんな悩みをお持ちの人に向けて、元OA機器の直販営業マンをしていた経験から説明します。

私は現在メーカー営業マンをしていますが、前職ではOA機器販売の直販会社で営業マンをしていました。

顧客は中小企業がメインで、主に社長と商談をしていました。

飛び抜けてはいませんが、そこそこな成績を残せました。

直販営業と聞いても、どんな仕事をしているかまでは分からないですよね。

今回は元直販会社の営業マンとして、BtoB直販営業を想定し

  • 直販営業の仕事内容
  • 転職難易度
  • 向いている人

上記を説明します。

この記事を読めば、直販営業マンの「仕事内容・転職難易度・向いている人」が分かります。

直販営業は「営業スキルのアップ・キャリアアップ・自分の力を試したい」人にはおすすめです。

【そもそも直販営業って?】直販営業の仕事内容を紹介

この章では「直販営業って何?」という部分から、直販営業の仕事内容について紹介します。

直販営業って何?

直販とは、実際に製品を使うユーザーと企業が直接取引することを指します。

つまり直販営業とは『ユーザーへ直接販売する営業』のことです。

務める会社が自社で製品を作っているか、代理店として製品を仕入れているかで呼び方は多少変わります。

ここでは『ユーザーへ直接販売する営業』のことを直販営業と考えてください。

自社で製品を作っている直販営業のことを『メーカー直販営業』とも呼びます。

直販営業の仕事内容

基本的にどんな営業とも仕事内容に大きな違いはありません。

違うのは

  • ユーザーに直接営業するのか、しないのか
  • 商談数の多さ

です。

仕事の大きな流れとして

顧客のアポ取り→提案→見積もり提示→交渉→受注→納品

上記の流れがあります。

一言でいうと『商談』ですね。

直販営業の場合、この商談をこなす回数が多いのが特徴です。

もう少し細かい仕事内容を見てみましょう

すべて私が直販営業マン時代にしていた内容です。

→提案先ターゲットの顧客へアプローチ

→アポ取り

→提案書作成

→見積作成

→関係部署との調整

→提案

→価格交渉

→受注

→注文書(契約書)の回収

→納期の確認

→納品・設置

→アフターフォロー

こうして見ると結構多いですね。

上記のような項目をひとつの商談で行います。

そして商談は常に複数抱えるので、「上記項目×商談数」を常にこなしている感じです。

ルート営業の場合、すでに決まった取引があり、継続的に注文をもらうのが基本です。

そのため新たに何かを買ってもらう商談数は比較的少なめです。

しかし直販営業だと新たに取引する場面が多いため、必然的に商談数が増ええます。

PDCAを早く回す必要があるので、必然的にPDCAサイクルを回す習慣が身につきます。

直販営業は既存顧客営業と新規開拓営業どっちが多い?

ずるい答えになってしまいますが、結論どっちもあります。

務める会社の属性や業界によってだいぶ変わりますが、基本は既存顧客営業も新規開拓営業もあると思って頂いたほうがいいです。

直販営業の場合、顧客を自分で見つけてくることができるので、新規開拓のない直販営業のほうが不自然です。

【わりと転職しやすい】直販営業会社への転職難易度は低め

直販営業会社への転職難易度は、営業経験者であれば比較的低めです。

理由を下記に書いていきます。

  • 基本営業マンの数だけ売上が上がるシステムだから
  • 人の入れ替わりが激しい職種だから

おおまかですが、上記の理由から転職難易度は低めです。

ひとつずつ説明します。

基本営業マンの数だけ売上が上がるシステムだから

直販営業は自分たちで売った分がそのまま売上になります。

なので人が増えて取引先が増えると、純粋に売上アップします。

そのため直販営業会社では、常に人を求めている傾向にあります。

人の入れ替わりが激しい職種だから

これは経験談からですが、直販営業は離職率が高い傾向にあります。

辞める理由は人それぞれですが、辞めていく人の特徴は

→売れない人が辞めていく

→逆に売れる人はもっといい条件の会社に転職していく

上記のような感じです。

私はやりたいことがあったので転職しましたが、周りで辞めていった人たちは大体上記2つのどちらかでした。

もちろん定着率の高い直販会社もありますが、比較的人の入れ替わりが多い職種でもあるので、空きがでやすい分転職難易度は低めです。

【元直販営業マンの見解】直販営業マンに向いている人

直販営業マンに向いている人は下記のような人です。

向いている人
  • メンタルが強い人
  • ある意味図太い人
  • 失敗してもへこたれない人
  • ポジティブな人
  • 自分で売ることに意義を感じられる人

直販営業の仕事をしていて特に重要だと思うことを挙げました。

この記事の最初の方で『直販営業はPDCAを早く回すことが必要』と説明しましたが、その裏には『受注できないことが多い』という背景があります。

提案した数だけ受注できればいいですが、実際は受注できないことが多いので、気持ち的な切り替えが大事になります。

直販営業マン

10社に提案して1社しか受注できなかった…

なんてザラにありますので、受注できなかったことに落ち込まず、次へ次へと進める人が成果を出しています。

【まとめ】直販営業マンへの入り口はわりと広め!!けど入るのには強い決意が必要!!

なんとなく直販営業マンの仕事内容についてイメージできたでしょうか?

少し厳しめな現実も書きましたが、それでも直販営業マンで得られるものは多いです。

私は現在メーカー営業マンをしていますが、直販営業マン時代に培ったものを活かして楽しく働いています。

特にPDCAサイクルを回すスキルが身についたのは、とても大きな財産です。

すべての人におすすめできるわけではありませんが

  • 営業スキルをアップさせたい
  • さらならキャリアアップを目指したい
  • 自分の力を試してみたい

上記のような想いをお持ちであれば、直販営業マンは最適です。

また直販営業マンとして結果を残せるようになれば、他の営業でも結果を残すことができます。

あなたの営業キャリアプランに、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

合わせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA