メーカー営業

【現役メーカー営業マンの本音】メーカー営業は楽ってほんと?メーカー営業が楽な理由

メーカー営業は楽ってほんと?メーカー営業が楽な理由

メーカー営業に転職を考えている。

メーカー営業は他の営業と比べて仕事は楽なのだろうか?

転職活動をする前に、メーカー営業経験者の本音を聞いてみたい。

こんな悩みをお持ちの人に向けて、現役メーカー営業マンの私が、メーカー営業は本当に楽なのか?について経験をもとにお伝えします。

実際にメーカー営業として働いてみて感じるのは『メーカー営業は楽』ということです。

なぜならメーカー営業は『ルート営業がメイン』だから。

ルート営業はすでに取引のある企業とのやりとりがメインなので、そこまで頑張らなくても売上の見込みがあります。

「メーカー営業とはいえ営業なのだから、仕事はきついんじゃないの?」と思われるかもですが、他の営業と比べるとかなり楽です。

私は元々OA機器の直販営業をしていて、新規開拓営業もルート営業どちらも経験してきました。

そして感じたのは「圧倒的にメーカー営業は楽」ということです。

この記事を読めば、『メーカー営業が楽な理由』が分かります。

【メーカー営業が楽な理由】ルート営業がメインだから

メーカー営業の仕事は楽です。

なぜなら、『ルート営業がメイン』だからです。

ルート営業は、すでに取引のある企業と取引を継続することがメインの仕事でして、つまり顧客との関係を良好にしておけばいいとも言えます。

そして顧客との関係性はそこそこで大丈夫です。

1番やってはいけないのが、「顧客との取引を切られてしまう」こと。

「売り込むのがメイン」の仕事ではないので、顧客との関係を維持できることが一番大事です。

ちなみに、具体的には下記のような人が成果を出しやすいです。

顧客との関係性を良くできる人

基本的なことができる

→対応が早い、期限を守れる、約束を守る、話をしっかりと聞ける、質問にちゃんと答える

上記のような人はメーカー営業に向いていると言えます。

メーカー営業に目立った仕事はなく、コツコツ真面目に仕事できる人は自然と評価が上がりますよ。

【営業なのに数字に緩い】大きな成果は求められていない

『メーカー営業が楽な理由』として、数字に緩いことが挙げられます。

正直、直販営業よりも数字に対してかなり緩いです笑

数字に緩い理由は

→すでに取引のある企業との取引なので、年間を通してある程度の売上は見込めている

→有形製品を扱うメーカー企業だと、年間で販売できる量が決まっている

→売上ノルマがそんなに高くない

上記3つがあります。

ひとつずつ説明します。

すでに取引のある企業との取引なので、年間を通してある程度の売上は見込めいている

取引を辞められてしまわない限りは、継続して製品を買ってもらえます。

新しく担当することになった顧客でも、すでに取引があるので、引き継がれた時点である程度の売上が見込めている場合がほとんどです。

有形製品を扱うメーカー企業だと、年間の販売できる量が決まっている

有形製品を扱うメーカー企業だと、製品を生産する必要があります。

そして生産できる量は工場の規模によって決まります。

つまり売らなすぎるのもダメですが、売りすぎてもダメなので、生産量に応じた売上をあげるのがベストということになります。

「売りすぎてもダメ」っていうのはメーカー営業ならではの悩みかもしれませんね。

売上ノルマがそんなに高くない

上記の「販売できる量が決まっている」に繋がる話ですが、販売量が決まっているということは、『売上ノルマが高くなりづらい』ということです。

しかもメーカー企業は、業界動向に左右されやすい側面があります。

つまり売上ノルマ未達成でも、業界動向や顧客都合を言い訳にし

「やることはやったけど、自分の力ではどうしようもない理由でダメだった…」

みたいに説明することで売上未達の言及を回避できます。

以上が数字に緩い理由です。

「営業は売上数字に追われてばかりできつい…」と感じられている人は、メーカー営業だと少しだけ売上数字の呪縛から離れられます。

もちろん完全に売上数字から離れられるわけではないですが、少なくとも他の営業に比べると緩めです。

【扱う製品が少ない】製品の深い知識は必要だけど、覚える製品数は少ない

メーカー営業が扱う製品は『自社製品』のみです。

扱う製品が少ないと、それだけ業務量も少なくなります。

商社や卸業のような扱う製品が多い企業だと、その分覚えることもやることも増えます。

それに比べてメーカー営業は自社製品のみを扱うので、比較的業務量は少なめです。

ただし、中には他社製品を扱うメーカー企業もあるので注意が必要です。

また自社製品のみを扱っているとはいえ、自社製品数の多いメーカー営業は、製品の数だけ忙しくなる傾向にあります。

「なるべく楽なメーカー営業になりたい」という人は、扱う製品数を見てください。

【メーカー営業のメリット】仕事が楽=時間を作りやすい=副業もできる

ここまで『メーカー営業が楽な理由』をお伝えしてきました。

この章では、『メーカー営業のメリット』について説明します。

メーカー営業は仕事が楽だとお伝えしましたが、仕事が楽ということは仕事量が少ないということです。

そして仕事量が少ないということは、早く帰れるということ。

つまり自分の時間が確保できるので、副業もできちゃいます。

現に私も早く帰れているので、平日の夜にも副業をやっています。

メーカー営業は自己投資ができるので、人生をより豊かにすることもできますよ。

【メーカー営業への転職なら大手転職サイト】大手に登録しておけば大丈夫!!

メーカー企業の求人は大手転職サイトに掲載されていることが多いです。

古くからある企業が多いので、やはり大手や歴史の長い転職サイトに掲載しているのだと思います。

そのため大手転職サイトに登録しておけば、求人を探すのには困らないでしょう。

例えばこのあたりですね。

・doda

・リクナビ(リクナビNEXT、リクルートエージェント)

・マイナビ(マイナビ転職、マイナビエージェント)

ちなみに私はdodaを使って転職しました。

持っている求人数も多いですし、エージェントの対応も良いのですんなり転職が決まりました。

私を担当してくれた人は、特に転職を急がせることもなかったですし、むしろ私の意向に合っているかを考えてくれたので満足度高めです。

また転職する際にはdodaを使うつもりです。

転職準備として転職サイトを使いたい人はこちら

dodaエージェントサービス

マイナビエージェント

【メーカー営業が楽なのはほんとです】ゆるく働きたいならメーカー営業は超おすすめ

以上が『メーカー営業が楽な理由』です。

私は元OA機器販売営業でしたが、数字に追われすぎて消耗してました。

今はメーカー営業になって、ゆるく楽しく働けています。

改めてこの記事の要点をまとめます。

・『メーカー営業が楽な理由』はルート営業がメインだから

→「売り込むのがメイン」じゃない

→顧客との関係を維持できることが一番大事

→コツコツ真面目に仕事できる人が向いている

・営業なのに大きな成果は求められていない

→ある程度の売上は見込めいている

→有形製品を扱うメーカー企業だと、年間で販売できる量が決まっている

→売上ノルマがそんなに高くない

・扱う製品が少ない

→扱う製品は『自社製品』のみ

→ただし、他社製品を扱うメーカー企業もあるので注意

・仕事が楽=時間を作りやすい=副業もできる

→早く帰れる、自己投資ができる

→つまり副業もできちゃう

・メーカー営業への転職なら大手転職サイトに登録しとけばOK

営業でゆるく働きたいならメーカー営業がおすすめです。

あなたの転職活動のお役に立てれば幸いです。

合わせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA