メーカー営業

【未経験でも転職可能】メーカー営業未経験でもメーカー営業マンになれる?求められるものを押さえよう!!

メーカー営業に転職したい。

メーカー企業に務めた経験はないけど転職できるのだろうか?

未経験なら何をアピールするべきかを知りたい。

そんな悩みをお持ちの人に向けて、現役メーカー営業マンの私が、未経験でもメーカー営業に転職できるのかをお伝えします!!

結論から申し上げると、未経験でも営業経験者であればメーカー営業に転職できます。

私は元OA機器の直販会社で営業マンをしていて、メーカー企業には務めたことはありませんでした。

しかし実際にメーカー営業に転職できていますので、あまり関係ないです。

ぶっちゃけメーカー企業に務めたことがあるかどうかは、多少アドバンテージはあるかもですが、ほぼ関係ないです。

大事なのは『何を求められているか?』の一言に尽きます。

この記事を読めば、実体験に基づいた『未経験でもメーカー営業に転職できる理由』『未経験でもアピールするべき部分』が分かります。

【求められる本質は売上】メーカー営業も他の営業と変わりはない

実のところメーカー営業は、他の営業と変わりありません。

メーカー営業と聞いてどのような仕事内容を思い浮かべますか?

正直どんな仕事をしているのか分からないですよね。

私がOA機器の直販会社で働いていたとき、メーカー営業の人がどんな仕事をしているのか分かりませんでした。

しかし実際に働いてみて思ったのは「仕事の本質は変わらないな」です。

営業の本質は『売上を上げること』。

そして企業が営業に求めていることは『売上を上げてくれるかどうか』が本質です。

メーカー営業未経験の人は、メーカーってだけで尻込みしなくて大丈夫です。

営業の本質は何も変わりません。

【営業の種類によって求められる能力の違い】ルート営業なのか新規開拓営業なのか

メーカー営業にも大きく分けて2種類あります。

・ルート営業

・新規開拓営業

上記2つです。

求められる能力の違いをそれぞれ説明します。

ルート営業 → 顧客との関係構築がメイン

ルート営業は、すでに取引のある企業と継続的に取引することがメインの仕事です。

そのため特に求められる能力は、顧客との関係構築能力となります。

なぜならその能力がないと取引を継続してもらえず、企業にとって大きな損失になるからです。

ルート営業への転職の際は、顧客との関係構築能力をアピールしましょう。

新規開拓営業 → 新規を獲得できる能力がメイン

新規開拓営業はその名の通り、新たな顧客を獲得することがメインの仕事です。

そのため求められる能力は、新規開拓能力となります。

なぜならその能力がないと、新たな顧客を獲得できず、企業は売上を伸ばせないからです。

メーカー企業で新規開拓営業が必要となると、新たな事業を立ち上げたときか、事業拡大を図りたいときですね。

新規開拓営業への転職の際は、新規開拓能力をアピールしましょう。

【未経験でも大丈夫】あなたの経験からアピールできる部分を探す

メーカー営業未経験でも、営業経験者であればアピールできるものはあります。

私の実体験を交え、具体例を紹介しながら説明します。

ルート営業(関係構築がメイン)の場合

関係構築のために、「どんな考え」で「何を実行した」のか

→顧客の依頼に素早く対応してきた

→顧客お困り期間を少しでも短くしてきた

→次に同じ困り事が起こらないよう、資料やツールを提供してきた

あなたが志望する企業に、何を提供できるのか

→取引のある顧客との取引を継続することができる

→取引量を拡大できる

→志望する企業のブランドイメージを向上させることができる

新規開拓営業の場合

新規開拓のために、「どんな考え」で「何を実行した」のか

→取引のない企業に片っ端からアプローチしていった

→自分の会社がどんな事業をしているのかを広めてきた

→自分の会社の認知度を高め、問い合わせ量を増やした

あなたが志望する企業に、何を提供できるのか

→取引顧客数を増やすことができる

→これまで取引をしていなかった顧客へアプローチできる

→前職で得た業界知識を活かし、取引のなかった業界へアプローチできる

共通してアピールできること【パーソナルスキルをアピールしよう】

社内調整力

メーカー営業は関係部署が特に多いので、「社内調整力」をアピールできるエピソードが良い(私はこれが高く評価されました)

巻き込み力

(製品的に)一人では解決できない場合が多いので、様々な人と協力しなければなりません。

自分が中心となって様々な人を動かせることをアピールできると良いです。

自主性

率先して行動できる「自主性」をアピールできるエピソードがあればなお良し。

メーカー営業は、顧客との関係構築能力や社内調整力が必要な場面が多いです。

それを話せるエピソードがあるだけで、「うちの会社でも成果を出してくれるのではないか?」と思ってもらえます。

ちなみに私が面接でした自己PRはこの3点

→関係構築力

→社内調整力

→巻き込み力

【メーカー営業への転職なら大手転職サイト】大手に登録しておけば大丈夫!!私はdodaで転職できた

メーカー企業の求人は大手転職サイトに掲載されていることが多いです。

古くからある企業が多いので、やはり大手や歴史の長い転職サイトに掲載しているのだと思います。

そのため大手転職サイトに登録しておけば、求人を探すのには困らないでしょう。

例えばこのあたりですね。

・doda

・リクナビ(リクナビNEXT、リクルートエージェント)

・マイナビ(マイナビ転職、マイナビエージェント)

ちなみに私はdodaエージェントサービスを使って転職しました。

持っている求人数も多いですし、エージェントの対応も良いのですんなり転職が決まりました。

私を担当してくれた人は、特に転職を急がせることもなかったですし、むしろ私の意向に合っているかを考えてくれたので満足度高めです。

また転職する際にはdodaを使うつもりです。

まだ登録をしていない人は、こちらからどうぞ

dodaエージェントサービス

【まとめ】メーカー営業未経験でも転職できる!!求められる本質を理解して自分をアピールしよう!!

以上がメーカー営業未経験でもメーカー営業に転職できる理由です。

メーカー営業未経験だからといって尻込みする必要はありません。

なぜなら企業の立ち位置が違うだけで、営業の本質は変わらないからです。

あなたの経験の中からアピールできるものは必ずあります。

改めて本記事の内容をまとめます。

・メーカー営業も他の営業と変わりはない

→求められる本質は『売上』

・ルート営業・新規開拓営業かで求められるものは違う

→違いを理解しておこう

・ルート営業、新規開拓営業かでアピールすることが変わる

・パーソナルスキルをアピール

→あなたの経験の裏付け・肉付けをしよう

・メーカー企業への転職なら大手転職サイトに登録しておけば大丈夫

あなたの転職活動のお役に立てれば嬉しいです。

合わせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA