メーカー営業

【現役メーカー営業マンが暴露】メーカー営業の仕事はきつい?きついと思うポイントを暴露

メーカー営業の仕事はきつい?きついと思うポイントを暴露

メーカー営業に転職を考えている。

営業は全体的にきつい仕事だと言われているけど、メーカー営業の仕事はきつさ的にどうなの?

転職活動をする前にメーカー営業のきつさを知っておきたい。

こんな悩みをお持ちの人に向けて、現役メーカー営業マンの私が、実際に働いていて感じるメーカー営業のきついと思うポイントを紹介します。

最初にお伝えしておきたいのは、メーカー営業は営業職の中では『楽な仕事』の部類に入ります。

その理由は『ルート営業がメインだから』です。

ルート営業はすでに取引のある顧客とのやりとりがメインなので、そこまで頑張らなくても売上の見込みがあります。

しかしそれでも仕事である以上、多少なりともきついと感じるポイントはあります。

この記事では、比較的楽な仕事であるメーカー営業の中でも、「少しきついかな?」と感じるポイントをお伝えします。

そしてきつさを回避する対応策も合わせて紹介します。

【社外編】嫌な顧客との付き合い・自分以外が原因で起こる対応に疲れる

メーカー営業は『ルート営業』がメインなので、営業職の中では『楽な仕事』の部類に入ります。

理由は、ルート営業はすでに取引のある顧客とのやり取りがメインなので、そこまで頑張らなくてもそこそこ成績を残せるからです。

とはいえ、仕事である以上「きついと思うポイント」があるので、ここでは社外できついと思う部分をお伝えします。

①嫌な顧客とも付き合っていかないといけない

上記でもお伝えしましたが、メーカー営業はルート営業がメインです。

つまり「同じ顧客・同じ人」と継続的に付き合っていくことになります。

もしここで嫌な顧客に当たってしまうと、疲れてしまうことが多いので少ししんどいです。

営業である以上、顧客都合で動かなきゃいけない場面も多いので、顧客のスピード感で動いてしまうといつも以上に疲れます。

そもそも感情的に嫌だと思っているので、話しているだけで疲れちゃいますね笑

対応策

嫌な顧客と付き合うには『割り切り力』『忍耐力』が大事です。

嫌の顧客であっても、売上にはなるので「仕事だからこればっかりは仕方ない」という気持ちで、必要最小限の接触に抑えましょう。

また嫌な顧客相手でも、感情を表に出してしまうと今後の取引に関わるので、感情を表に出さない忍耐力も必要です。

これに関しては、慣れや経験で対応できるので、1年くらいメーカー営業をやっていれば自然とできるようになります。

私は1年くらいで対応できるようになりました。

②欠品やクレーム対応

欠品・クレームが顧客に一番迷惑をかけるので、謝罪回りなどクレーム対応ばかりになると体力的にも精神的にも消耗してしまいます。

欠品やクレームは、どんなに大きな会社であっても起こるときは起こります。

メーカー営業では、欠品が起こらないよう「どれだけ製造するか」を決めるために、営業側が販売予測を立てます。

会社によって言い方は違いますが、「販売見通し」や「販売見込み」と言います。

ここらへんの精度が甘いと欠品が起こりやすいです。

クレームについては、製品自体によるものだと顧客とのやり取りに加え、社内調整も必要になるため、顧客と社内関係者とで板挟みになってしまいます。

板挟みになってしまうと精神的にきついですね。

対応策

もしもの時のために、普段からスケジュールは余裕を持って組むようにしましょう。

そして欠品やクレームが起こった際は、他の予定を差し置いてでも最優先で対応し、決して後回しにしてはいけません。

最い優先で対応することで、顧客の怒りが頂点に達する前に対処できるので、最小限の被害・労力で終えられます。

一番ダメなのは、対応が後手に回ってしまい、炎上してしまうことです。

炎上する前に鎮火しましょう。

③自分以外が起こしたミスの対応に疲れる(配送ミス、手配ミス)

たまに起きるのが、自分以外の人が起こしたミス対応です。

これは営業ならあるあるかもですね。

自分のせいじゃないのに駆けずり回ることになると、結構疲れてしまいます。

例としては

→配送会社が配送先を間違えた

→配送中に製品を壊してしまった、製品は無事だが箱がぐしゃぐしゃになってしまった

→事務の人が配送先や製品を間違えて手配してしまった

上記のようなことが、たまに起きたりします。

基本ヒューマンエラーですね。

こうしたときでも、顧客対応を営業がしなくてはなりません。

いくら自分のミスではないとはいえ、ここでしっかり対応すると顧客からの評価が高まったりするので、面倒くさがらずにしっかり対応したほうがいいです。

対応策

欠品やクレーム同様、もしもの時のためにスケジュールは常に余裕を持って組みましょう。

→配送会社が原因の場合、自分たちに非はなくても、誠意を持った謝罪・対応をする。

→社内の人が原因の場合、会社の代表という気持ちで謝罪・対応をする。

欠品・クレーム時同様、顧客の怒りが頂点に達する前に対処し、最小限の被害・労力で終わらせましょう。

【社内編】社内調整に時間がかかる

メーカー営業で一番きついのは社内調整かもしれません。

理由は、技術系の人はクセの強い人が多いからです(※個人の感想です笑)

具体的なことをお伝えします。

関係部署(開発部門・製造部門・物流部門・マーケティング部門)との調整が大変

メーカー営業の場合、ひとつの商品を出荷するのに「開発・製造・物流・マーケティング」など多くの部署が関係しています。

そのため、何かを決めるためにも色んな人の承認が必要になります。

そしてこの関係部署が厄介でして

→プライドが高いのか、現場感覚が分からないのか、対応してくれない人もいたりする

→顧客の都合を考えられないのか、自部門の都合だけで動こうとする

上記のような人達が一定数います。

日常業務内であれば、時間をかけて説得したりすれば良いのですが、クレーム対応とかだとかなりしんどいです。

対応までの時間が伸びれば伸びるほど炎上するかもしれないので、時間との勝負なのに動いてくれないからです。

なのでメーカー営業で一番きついのは社内調整かもしれません。

対応策

社内調整での一番の対応策は『社内営業力を身につける』ことです。

メーカー企業で技術系の仕事をしている人は、基本的に職人気質でクセの強い人が多いです。

しかしそうした人ほど味方につけると、めちゃくちゃ頼もしくなります。

もしそっけない態度や冷たくされても気にせず、好意的な姿勢を続けると、自然と味方になってくれます。

もし相手から助けを求められたら、二つ返事で協力するようにしましょう。

「味方になってもらうには、まずこちらから味方になる」気持ちが大事です。

ちなみに個人経験談ですが、今の会社に入社した当時は味方があまりいなくて苦労しました。

しかし今では味方になってくれる人が多く、何かクレームが起こってもすぐ解決できます。

そんな今でも一番力を入れているのは社内営業で、メーカー営業を上手くやる秘訣は『社内営業力』だと思っています。

【個人編】仕事とプライベートをはっきり分けたい人には少しきつめ

ここではメーカー営業が個人的にきついと思うポイントをお伝えします。

この部分は、個人によって感じ方にはっきり差が出ると思います。

①ルート営業がメインのメーカー営業に接待はつきもの

メーカー営業をやっていると必ず接待をする場面が出てきます。

私はお酒が好きじゃないので、個人的に接待がきついと思ってしまいます。

ましてや嫌な顧客との接待なんてたまったもんじゃないです笑

またお酒の接待だけならまだしも、会社によってはゴルフ接待もあります。

何回かゴルフ接待に行きましたが「朝は早いし、疲れるし、長いし」と個人的にはかなりしんどいです。

ちなみにゴルフ接待は土日に行われることが多いので

とある人

休みの日に仕事なんて絶対したくない

って人にはかなりきついかもですね。

対応策

そもそも接待を設定しないことが大事です(私がこれです笑)。

しかし営業的には接待の効果もバカにできないので、すべての接待を断るのは少し考えたほうがいいかもです。

何十回の訪問よりも1回の接待で急に仲良くなって受注とかもザラにあるので、年1〜2回の接待ならありだと思います。

何十回の訪問(数10時間)よりも、1回の接待(2〜3時間)で成果があがるので、時間対効果が高いです。

なので割り切って2〜3時間だけ残業する気持ちであれば、そんなに消耗しないです。

②社内接待もたまにあるが、考え方によってはあり

たまに出張とかで、普段は接しない部署(開発部門・製造部門・物流部門・マーケティング部門)の人と飲み会があったりします。

相手も気遣って飲み会を設定してくれたりするので、わりと強制参加に近いですね。

嫌な顧客への接待よりは楽ですが、お酒が好きじゃないと普通にしんどいです。

さらに上司もいたりすると、気遣わなきゃいけないので尚更しんどいですね。

対応策

どうせ参加するなら楽しもうという気持ちを持つと、だいぶ楽になります。

もはや精神論ですね笑

ただ社内接待は考え方によってはありです。

もしこの飲み会でクセの強い人が参加していたら、仲良くなれるよう積極的に話しかけましょう。

1回の飲み会で一気に味方になってくれたりするので、今後の社内調整がやりやすくなります。

私はこのやり方で味方を一気に増やして、社内調整がかなりやりやすくなりました。

年1回くらいしか会う機会もないので、コスパはかなり良いです。

【まとめ】メーカー営業にもきつさはある!!でも営業の中では比較的『楽な仕事』

以上がメーカー営業をやっていてきついと思うポイントです。

改めてこの記事の要点をまとめます。

・【社外編】嫌な顧客との付き合い・自分以外が原因で起こる対応に疲れる

→嫌な顧客とも付き合っていかないといけない

→欠品やクレーム対応

→自分以外が起こしたミスの対応に疲れる

・【社内編】社内調整に時間がかかる

→関係部署(開発部門・製造部門・物流部門・マーケティング部門)との調整が大変

・【個人編】仕事とプライベートをはっきり分けたい人には少しきつめ

→ルート営業がメインのメーカー営業には接待はつきもの

→社内接待もたまにあるが、考え方によってはあり

メーカー営業には色んなしがらみがあったりで面倒なことも多いですが、それでも営業職の中では『楽な仕事』の部類に入ります。

この記事では『メーカー営業のきついポイント』を紹介しましたが、それでもメーカー営業は楽だと言えます。

メーカー営業の仕事が楽だと思う理由を別記事にまとめましたので、ぜひそちらも読んでみてください。

あなたの転職活動のお役に立てれば幸いです。

なぜメーカー営業は楽なのか?についてはこちらの記事をどうぞ

【現役メーカー営業マンの本音】メーカー営業は楽ってほんと?メーカー営業が楽な理由

転職準備として転職サイトを使いたい人はこちら

dodaエージェントサービス

マイナビエージェント

合わせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA