Chromebookメーカー『FUJITSU(富士通)』とは?口コミ・評判から解説

Chromebookメーカー『FUJITSU(富士通)』とは?口コミ・評判から解説

「FUJITSUのChromebookを購入しようか検討している。国内メーカーで昔からある老舗だし、なにかトラブルが起きてもサポートが充実していそう。FUJITSUのChromebookを買うのが間違いないか改めて知りたい」と考えている人もいるでしょう。

FUJITSU(富士通)は国内有数のパソコンメーカーで、知らない人のほうが少ないのではないでしょうか。FUJITSUとは、LIFEBOOKというパソコンを始めとした電子機器を製造・販売している総合エレクトロニクスメーカーです。

個人向け製品から法人向け製品・部品まで、幅広い事業を展開しています。58社の国内グループ会社があり、国内有数の大企業といえるでしょう。

この記事では、Chromebookを扱っているFUJITSUについて紹介します。「FUJITSUといえばLIFEBOOK」と思われるでしょうが、Chromebookも販売しています。国内メーカーのChromebookを使いたい人は、ぜひ参考にしてください。

目次

FUJITSU(富士通)とは 

FUJITSU(富士通)とは
出典:FUJITSU

FUJITSU(富士通)とは、電子機器の製造・販売をおこなっている総合エレクトロニクスメーカーです。パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレット、エアコンなどの家電製品、カーナビ、自動車向け機器部品など、さまざまな電子機器関連事業を展開しています。

総合エレクトロニクスメーカーとは、おもに各種半導体やコンピューター、情報通信機器を製造・販売しているメーカーを指す。

FUJITSUと聞くと、パソコンや家電など身近にある製品を思い浮かべる人もいるでしょう。そんなFUJITSUの企業情報を以下の表にまとめました。

メーカー名FUJITSU(富士通)
会社名富士通株式会社
日本
設立1935.6
本社所在地東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター
資本金3,245億円
代表取締役名時田 隆仁
公式HPhttps://www.fujitsu.com/jp/

FUJITSUの事業ラインナップ

FUJITSUはパソコンを始め、さまざまな製品を製造・販売しています。

  • パソコン(個人向け・法人向け)
  • タブレット
  • スマートフォン
  • カラーイメージスキャナー
  • エアコン、家電製品
  • カーナビ、カーオーディオ
  • 電池、ライト類
  • 業種・業界向けソリューションサービス
  • コンピュータプラットフォーム構築ビジネス
  • ソフトウェア
  • ネットワーク機器
  • 半導体

FUJITSUはパソコンだけではなく、テクノロジーやサービス、ソリューションを通して、法人向けにも事業を展開。国内ITベンダーとしては、国内シェア1位を獲得しています(参照:国内ITサービス市場ベンダー売上ランキングを発表)。

FUJITSUは国内有数のパソコンメーカーであると同時に、企業のデジタルビジネスを支える国内シェア1位のITベンダーです。

FUJITSUのシェア

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社によると、FUJITSUは国内ITベンダーとしてシェア1位を獲得しています。しかしそんなFUJITSUも、パソコンシェアはTOP5にも入っていません。

会社2021年第1四半期の市場シェア2021年第1四半期の市場シェア2020年第1四半期の市場シェア2020年第1四半期の市場シェア
Lenovo24,044台19.7%14,440台66.5%
Apple22,061台18.1%13,325台65.6%
HP19,255台15.8%11,726台64.2%
DELL13,016台10.7%10,511台23.8%
Samsung9,745台8.0%5,403台80.4%
その他122,117台27.8%24,345台53.1%
出典:Canalys Newsroom – Global PC market Q1 2021

Chromebookにおいても、HP、Lenovo、Acerなどには及ばす、TOP5入りとはなりませんでした。

会社2021年第1四半期の市場シェア021年第1四半期の市場シェア2020年第1四半期の市場シェア2020年第1四半期の市場シェア
HP4,364台36.4%595台633.7%
Lenovo3,108台25.9%760台308.8%
Acer1,428台11.9%514台178.1%
Samsung1,200台10.0%51台2233.0%
DELL1,005台8.4%503台99.9%
その他11,979台7.3%3,198台12.8%
出典:Canalys Newsroom – Global PC market Q1 2021
ペリー

FUJITSUはITベンダーとして国内シェア1位ですが、パソコンだけに絞り、世界的に見ると弱い一面がありますね。

FUJITSUブランドのパソコン・種類

FUJITSUといえばパソコンが思い浮かぶでしょう。FUJITSUが展開しているパソコンブランドは、次のとおりです。

スクロールできます
ブランド名読み方特長
LIFEBOOKライフブックAH・TH・NH・UH・CH・MHの6モデルに派生 軽量・薄型で、家のなかで使うことを想定したブランド リビングでサッと使えるものから、家庭用ゲーム機やデジタル化メタとの連携する高性能モデルまで幅広いラインナップ FUJITSUの代名詞となるようなパソコンブランド
LOOXルークス「手に持った瞬間に驚きを。」をコンセプトに設計され、圧倒的なモビリティを誇るパソコンブランド 2in1型を採用しており、専用のペンやキーボードで携帯性と操作性を両立させている
Zeroゼロ「ミニマル」をテーマにしたモバイルノートパソコンブランド 13.3型ワイドモデルとしては、世界最軽量の約634g 『富士通 WEB MART』限定モデル
Chromebookクロームブックさまざまな操作をすばやく簡単にこなせるシンプルなパソコン Googleアカウントにログインすれば、あなただけの環境にすぐアクセス可能 動画視聴やWeb会議など、エンタメからビジネスまであらゆる用途で使用可能

LIFEBOOK

LIFEBOOK
出典:LIFEBOOK AHシリーズ

LIFEBOOK(ライフブック)とは、FUJITSUの代名詞とも呼べるブランドシリーズです。全8モデルに派生しており、それぞれにコンセプトがあります。

スクロールできます
シリーズコンセプト
AH(15.6型ワイド)「より小さく、軽く、使いやすく。」がコンセプトのリビングノートパソコン
TH(15.6型ワイド)「家ナカでサッと使えるノートPC。」がコンセプトのスリムデザインノートパソコン
NH(17.3型ワイド)「リビングがもっと楽しくなる大画面液晶」の高性能モデルなノートパソコン
UH(13.3型ワイド)「軽量化と堅牢性の両立」をコンセプトにしたプレミアムモバイルノートパソコン
CH(13.3型ワイド)「洗練された美しいデザイン」wpコンセプトに、ファッションアイテムにもなるモバイルノートパソコン
MH(14型ワイド)「使う場所を選ばない」をコンセプトにしたジャストサイズのノートパソコン

LIFEBOOKシリーズだけでもラインナップが豊富なため、パソコン選びを楽しめるでしょう。それぞれのシリーズに特長があり、あなたの用途に合った1台が見つけられます。

「どのような使い方をしたいか?」に焦点を当て、より近いコンセプトのパソコンを選びましょう。

LOOX

LOOX
出典:FMV LOOXシリーズ

LOOX(ルークス)とは、13.3型ワイドのWindows タブレットとして世界最軽量・世界最薄を実現したモバイルノートパソコンブランドです。

LOOXの特長は、高級感のあるアルミ掘り出しボディとは裏腹の「軽さ」です。持ち運びに優れており、クリエイティブワークにピッタリの1台です。

  • 2in1型を採用
  • 専用のペンとキーボードあり
  • キーワードはマグネットで着脱可能

LOOX本体にはUSB Type-Cケーブルが標準付属のため、セカンドディスプレイとしても活用できます。

出先はLOOXがメイン、自宅ではセカンドディスプレイ、といった使い方もできます。LOOXがあなたのクリエイティブ活動の幅を広げます。

Zero

Zero
出典:FMV Zero

Zero(ゼロ)とは「ミニマル」をテーマにしたモバイルノートパソコンブランドです。13.3型ワイドモデルとしては、世界最軽量の約634gを実現しています。

Zeroの特長は、オールブラックデザインを採用している点です。光沢ブラックとマッドブラックを使い分け、クールで上質なデザインになっています。

キーボードの文字色もブラックで、バックライトが点灯することで文字が光ります。ソフトウェアもミニマムに考えられ、セキュリティとハードウェア維持に必要なものだけに絞られています。

ミニマリスト志向の方にピッタリな1台です。『富士通 WEB MART』限定で販売されているため、家電量販店などでは購入できません。

Chromebook

Dynabook Chromebook
出典:Chromebook

Chromebook(クロームブック)とは、低価格と快適な動作が魅力のパソコンブランドです。独自のChrome OSを搭載し、さまざまな操作をすばやく簡単にこなせます。

FUJITSU制Chromebookの特長は、エンターキーが大きく設計されている点です。海外メーカーのChromebookではエンターキーが小さい場合があります。

しかしFUJITSU製Chromebookはエンターキーが大きめに設計されているのです。またChromebookでは珍しく、HDMI端子が搭載されています

高いセキュリティを発揮し、自身でセキュリティソフトを用意しなくてもよいのも嬉しいポイント。

Chromebookにセキュリティソフトが必要ない理由については、【Googleが守ってくれている】Chromebookにセキュリティソフトは必要ない?なぜ必要ないのかを解説で詳しく紹介しています。

タブレットになるモデルもあり、さまざまなシーンで活躍するブランドです。

FUJITSUの口コミ・評判

FUJITSUには、どのような口コミ・評判が集まっているのでしょうか? ASUSを選ぶ前に、実際の評価を知りたいですよね。

  • 良い口コミ・評判
  • 悪い口コミ・評判

FUJITSUについて、どちらの口コミ・評判も見ていきましょう。

良い口コミ・評判

ペリー

LIFEBOOK UHシリーズは世界最軽量、かつコンパクト。しかも頑丈なので、たしかに授業やプライベートでも持ち運びの多そうな大学生に向いていますね!

ペリー

『Futro MU937』は法人モデルなのでハイスペックですね!余計なアプリが入っていないと使いやすいので、個人的にもおすすめです。Chromebookも余計なものが入っていないのでイチオシです!

ペリー

FUJITSU制Chromebookのキーボードは日本人が使いやすいように配置されています。特にエンターキーが個人的には好感です!このブログもChromebookで運営しているので共感ばかり!

ペリー

さすが日本メーカーのFUJITSUですね!手厚いサポートで万が一の困りごとでも助けてくれます。

ペリー

さすが世界最軽量のLIFEBOOK UHシリーズ!持ち歩いて使いたい人にはLIFEBOOK UHが良さそうです。

悪い口コミ・評判

ペリー

富士通 WEB MART』で新品かアウトレットかわかりづらいという意見があるようです。新品かアウトレットかは確認してから購入するようにしましょう。

ペリー

人によってキーボードの好みがわかれるので、FUJITSU制Chromebookが合わないという人もいるでしょう。私はエンターキーをスムーズに押せないほうがストレスなので、スペースキー横は気にならなさそうです。

FUJITSUの保証・サポート体制

FUJITSUlのChromebookを選んだとき、保証やサポート体制がどうなっているのか気になるでしょう。

  • 保証サービス
  • サポート

それぞれの体制がどうなっているのか、見ていきましょう

保証サービス

FUJITSUの保証は1年です。一般的なメーカーと同等の保証が用意されています。

1年間の保証で不安な場合は、PC保証アップグレードサービスで製品保証を延長することも可能です。

スクロールできます
ワイド保証サービス通常のメーカー保証1年間(無償修理期間)を合計3年間、4年間、5年間に延長します。
メーカー延長保証サービス通常のメーカー保証1年間(無償修理期間)を合計3年間、4年間、5年間に延長し、さらに、メーカー保証では対象とならない水こぼしや落下による破損・損傷、落雷、火災による故障なども無料修理いたします。
出典:富士通パソコン | メーカー保証について

どちらも保証期間中は何度でも修理可能で、修理代の限度額はありません。修理にかかる送料や引取費用も無償です。

修理の場合はどちらか2つの方法で申し込みます。

  • Webから申し込む
  • 電話で申し込む

問い合わせ方法は、WebチャットとLINEの2種類です。チャットサポート(Webチャット・LINEでのご相談) – FMVサポート : 富士通パソコンから使いやすい方法で問い合わせください。

サポート

FUJITSUのサポート体制は、FMVサポートからの問い合わせが基本です。困っている内容を入力検索すると、Q&Aから対処方法を探せます。

入力する単語がわからない場合でも、困りごとのカテゴリが用意されています。困っていることに近いカテゴリを選択し、悩みを解決する方法を探せます。

用意されているカテゴリは次のとおりです。

初期設定起動・終了Windows関連メール
インターネットOffice設定トラブル・故障キーボード・文字入力
マウス・フラットポイントアプリ音声・映像パソコン買い換え
有料サービスユーザー登録バッテリ交換

ほかにも富士通パソコン | お問い合わせでは、以下の場合に備えて問い合わせ対応をおこなっています。

  • ご購入に関するお問い合わせ
  • ご購入からお届けまでのお問い合わせ
  • ご購入後の製品サポート/技術/修理等のお問い合わせ

海外メーカーとは違い、手厚いサポートが用意されています。

FUJITSU(富士通)Chromebookの選び方

FUJITSU Chromebookは3ステップで選べます。富士通 WEB MARTから購入する想定で説明します。

  • キャンペーン情報確認
  • 対象商品からChromebookを探す
  • スペックを確認する(CPU、メモリ、SSD)

上記ステップでほしいChromebookがあれば、注文へ進みます。もしキャンペーン対象商品にChromebookがない場合は、富士通 WEB MARTのChromebookページから選びましょう。

  1. Chromebookページにアクセス
  2. スペックを確認する(CPU、メモリ、SSD)

富士通 WEB MARTでは夜間と週末限定でセールが開催されていることが多く、キャンペーンページには掲載されていなくてもChromebookが割引になっている可能性があります。

FUJITSU Chromebookを購入するときは、夜間か週末がおすすめです。

より詳しくChromebookの選び方については、Chromebookの選び方|あなたに合うタイプとメーカーを紹介で詳しく解説しています。

Chromebookメーカー『FUJITSU(富士通)』のまとめ

今回はChromebookを扱っているFUJITSUについて紹介しました。

FUJITSUは国内有数の総合エレクトロニクスメーカーです。パソコンにおいては代名詞ともいえるLIFEBOOKをブランドとして展開しています。

海外メーカーのChromebookではエンターキーが小さい場合がありますが、FUJITSU製Chromebookはエンターキーが大きめに設計されています。

またChromebookには珍しく、HDMI端子が搭載されています。日本メーカーならではの手厚いサポートや細かな気遣いがChromebookから感じられます。

安心の国内メーカー製Chromebookを使いたいのなら、FUJITSUがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次