Chromebook

【表計算ツール】ChromebookでExcelは使える?Googleスプレッドシートとは?

新しいパソコンにChromebookを検討している。

家計簿をつけたりとかで、できればExcelを使いたい。

ChromebookでExcelは使えるのだろうか?

そんな疑問をお持ちの人に向けて、Chromebookを使い始めて8ヶ月の私が、ChromebookでExcelが使えるのかどうか説明します。

結論から申し上げると、ChromebookでExcelは使えません!!

その代わり、Excelの代替として『Googleスプレッドシート』というサービスが使えます。

この記事では『Googleスプレッドシート』について紹介します。

ChromebookでExcelは使えない

冒頭でもお伝えしましたが、ChromebookでExcelは使えません。

ExcelはMicrosoftが提供している『パソコンにインストールするタイプのソフト』です。

ChromebookはGoogleChromeを使うことに特化したパソコンでして、つまり『Webを使うことを前提にしたパソコン』です。

そのためExcelに限らず、Chromebook本体にインストールするタイプのソフトは基本使えないと思っていただいた方がいいです。

※Chrome拡張機能を使えばExcelなどのOffice系ソフトを編集することは可能です。

しかしWindowsパソコンのようにExcelを使えるかというと違いますので、ここではChromebookでExcelを使う方法は記載していません。

Excelの代替的存在は『Googleスプレッドシート』

ChromebookでExcelは使えないとお伝えしましたが、Excelに代わるものはあります。

『Googleスプレッドシート』というWebサービスが、Excelに代わる表計算サービスです。

GoogleスプレッドシートはGoogleが提供している、無料のWebサービスです。

Excelとまったく同じではありませんが、Excelでできる表計算のだいたいのことはできます。

家計簿をつけたり、副業をされている人なら売上計算など簡単な計算であれば問題なくできます。

私の本業でもGoogleスプレッドシートを使っていますが、多少の操作感の違いはあれど問題なく使えています。

むしろGoogleスプレッドシートの方が便利だと感じることが多いので、Excelが使えないからといって悲観する必要はありません。

次の項目から、Googleスプレッドシートの特徴や使い方を説明します。

Googleスプレッドシートの特徴

まずGoogleスプレッドシートとは何なのか?について説明します。

GoogleスプレッドシートとはGoogleが提供している、無料の表計算サービスです。

特徴としては

  • 無料で使える
  • 他の人と共有で使える
  • 保存ボタンを押さなくても自動で保存される
  • スマホからでも閲覧・編集が可能(アプリを使います)
  • オフラインでも使うことができる

上記の特徴があります。

ひとつずつ説明します。

無料で使える

GoogleスプレッドシートはGoogleが提供している、無料の表計算サービスです。

Googleスプレッドシートを使うのにお金はかかりませんので、どなたでも使えます。

Chromebookであれば最初からGoogleスプレッドシートが入っていますので、すぐに使うことができます。

他の人と共有で使える

Googleスプレッドシートは自分一人だけではなく、他の人と共有して使うことができます。

具体的には『2人以上で同時閲覧・編集』が可能です。

他の人との作業が必要であれば重宝する機能で作業効率が上がるので、共有機能があるということは覚えておくと便利です。

保存ボタンを押さなくても自動で保存される

Googleスプレッドシートで作成したデータはGoogleドライブに保存されます。

基本は自動更新ですので、保存ボタンを押すことなく保存されるのでとても便利です(そもそもGoogleスプレッドシートには保存ボタンがありません)。

何が便利かと言うと

とある人

Excelで一生懸命文章を作っていたらパソコンがフリーズしてしまい、せっかく作っていた文章が消えてしまった。。。

ということがありません。

なぜなら自動で保存されるからです。

私も仕事でよく同じようなことが何度かあり、肩を落としたことが何度もあります。

こういった悲しいことが起きないので、安心して文章を作成できます。

スマホからでも閲覧・編集が可能(アプリを使います)

iPhone・AndroidからでもGoogleスプレッドシートの閲覧・編集ができます。

スマホで使うためにはアプリをインストールする必要がありますので、スマホから使いたい場合はアプリをインストールしてください。

オフラインでも使うことができる

この記事の最初の方に『ChromebookはWebを使うことを前提にしたパソコン』だと説明しました。

Googleスプレッドシートも基本はインターネットに接続した状態で使うことが前提となっていますので、インターネット環境がない状態だと使うことができません。

ですが

Google オフライン ドキュメント

というChrome拡張アプリを入れておくと、インターネットに接続していない状態でもGoogleドキュメントを使うことができます。

オフライン状態だと自動保存されませんが、インターネットに接続された瞬間にオフライン中に編集したものが自動保存されます。

なので感覚的には「いつでもGoogleスプレッドシートが使える」状態になっています。

【まとめ】Excelでできることはだいだいできる!!Googleスプレッドシートがあれば問題なし

以上がGoogleスプレッドシートの特徴です。

下記に改めてGoogleスプレッドシートの特徴を書いておきます。

  • 無料で使える
  • 他の人と共有で使える
  • 保存ボタンを押さなくても自動で保存される
  • スマホからでも閲覧・編集が可能(アプリを使います)
  • オフラインでも使うことができる

表計算で必要な機能は揃っていますし、オンラインでは他の人と共有で使え、オフラインでも使うことができます。

また最近ではGoogleスプレッドシートを会社の業務で使う場合も増えているようです。

実際に私が働いている会社でもGoogleスプレッドシートを使い始めています。

理由は「複数人で共有で作業できるから」です。

私は個人的にGoogleスプレッドシートを活用することで移動中もスマホで作業したりと、作業効率が爆上がりです。

昨今では働き方改革で仕事時間が減る一方、業務量は減らないなどジレンマもあります。

Googleスプレッドシートで作業効率を上げ、生産性が上がれば、あなたにとっても良いことづくめです。

この機会に、使い方を覚えてみてください。

Googleスプレッドシートの使い方については、こちらの記事をご覧ください。

【表計算で使える】Googleスプレッドシートの使い方Googleスプレッドシートの使い方が分からなくて悩んでいませんか?この記事では「Googleスプレッドシートの使い方」を画像を使って説明しています。Googleスプレッドシートの使い方が分からない人は必見です!...
合わせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA